HOME

NEWS

平成28年度

  • [2017.03.29]業績・論文の更新
  • 業績・論文を更新いたしました。詳しくはHPの業績をご覧ください。

  • [2017.03.16]第6回金沢核医学技術検討会(STOIC)
  • 平成29年3月25日~26日に第6回金沢核医学技術検討会(STOIC)が開催されました。

    今回のSTOICでは皆様お忙しい中,2日間で合計22名の方にご参加いただきました。一人当たり35分という限られた時間の中で活発な討論が行われました。

    私たち学生は4月13~16日にかけてパシフィコ横浜で開催されるJRC2017にて発表予定のスライドを社会人の方々にみていただき,多くのアドバイスをいただきました。今回のSTOICでご指摘いただいた点をふまえ,より良い発表にしていきたいと考えています。

    STOIC1日目

    STOIC2日目

    STOIC1日目の後,情報交換会が行われました。社会人の皆様はSTOICの演題や研究内容等の話題で引き続き熱いトークをされていました。ほとんどの方が2次会で解散せず,夜遅くまで活発な議論がなされました。

    情報交換会の会場にて

    次回の第7回STOICは9月2日(土),3日(日)の開催を予定しております。

    皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    文責:荻原
  • [2017.03]平成28年度 大学院修了生,学類卒業生
  • 博士前期課程修了生4名(前列左 斉藤氏,後列左から伊東氏,安藤氏,橋本氏),学類卒業生4名(左から菅野さん,瀬川さん,多々見さん,兼綱さん)。誠におめでとうございます。

    平成28年度博士前期課程3月修了生

    平成28年度学類卒業生

    文責:新妻
  • [2017.02.04]第67回北陸循環器核医学研究会
  • 平成29年2月4日に第67回北陸循環器核医学研究会が金沢で開催されました。本研究室からは,学類3年の新妻が以下の内容で研究発表を行いました。

    123I心筋SPECTにおけるIQ-SPECTシステムの適用-従来法との比較-」新妻 あゆみ

    文責:新妻
  • [2016.12.16]第18回卒業研究発表会
  • 平成28年12月16日に第18回卒業研究発表会が開催されました。

    学類生の菅野さん(写真左上),瀬川さん(写真右上),兼綱さん(写真左下),多々見さん(写真右下)が以下の演題にて発表を行いました。

    「小動物用SPECT-PET/CT装置における最適画像再構成条件の検討」
    菅野 貴之

    「新規導入SPECT/CT装置による心筋SPECT検査に向けた至適収集・画像処理条件の決定-EMITファントムによる評価-」
    瀬川 恵子

    「心電図同期心筋SPECTを用いた三次元心臓動態ファントムによる心機能評価」
    兼綱 彩花

    99mTc心電図同期心筋血流SPECTにおける位相解析用ノーマルデータベースの構築とその影響因子」
    多々見 鈴果

    皆様,堂々たる振る舞いで発表・質疑応答を行っていました。これも今年11月に名古屋で開催された日本核医学技術学会にて発表経験を積めたことによるものだと感じました。

    卒業研究発表会会場にて

    卒業研究発表会後の打ち上げ写真です。一次会は,平成30年に沖縄大会(第38回日本核医学技術学会総会学術大会)が開催されるということで,沖縄料理が楽しめるお店で行いました。海ブドウが時期ではなく,食べられなかったことが少し残念でしたが,どの料理も美味で大満足でした。また4年生には国家試験合格祈願ということで,神社で頂いたお守りを渡しました。辛いときはこのお守りをみて,勉学の励みになればうれしく思います!

    一次会会場にて

    二次会会場にて

    4年生の皆様本当にお疲れ様でした。国家試験まで残すところあとわずかです。常日頃から机に向かっている皆様ですから,きっと合格すると信じています。最後まで気を引き締めて頑張ってください!

    文責:荻原
  • [2016.11.22] 小野口研究室での鍋パーティ
  • 11月の後半に入り寒さも厳しく,鍋が恋しい季節となりましたね。そこで,毎年恒例となっている研究室での鍋パーティを11月22日に行いました。お忙しい中,OBの方にも参加していただきました。

    今回は金沢で有名なとり野菜味噌鍋とキムチ鍋にしました。具だくさんでしたがあっという間に食べきってしまい,急遽ピザを注文することに!
    また,11月12日はM2の橋本さんの誕生日だったため,写真プレート付きのケーキでお祝いしました。おめでとうございまーす!!

    4年生は卒研発表と国家試験が控えています。引き続き頑張っていきましょう!

    文責:新妻

  • [2016.11.07] 第58回日本核医学会学術総会,第38回日本核医学技術学会総会学術大会開催のお知らせ
  • 平成30年11月15日から17日にかけて,第58回日本核医学会学術総会および第38回日本核医学技術学会総会学術大会が沖縄コンベンションセンターにて開催されます。
    メインテーマは「治療に活かす核医学の技 -創薬からTheranosticsまで-」で,大会長は,小野口昌久教授が務められます。

  • [2016.11.3-5] 第56回日本核医学会学術総会,第36回日本核医学技術学会総会学術大会
  • 平成28年11月3日から5日にかけて,第56回日本核医学会学術総会および第36回日本核医学技術学会総会学術大会が名古屋国際会議場で開催されました。

    名古屋国際会議場

    学会会場前にて

    学会初日に学類4年生の兼綱さん(写真左上),菅野さん(写真右上),多々見さん(写真左下),瀬川さん(写真右下)が発表を行いました。質疑応答の内容から,研究の発展につながる課題も見つかったと思います。

    今回,学類生は,初めて全国レベルの学術大会に参加しました。様々な分野から成る研究内容を学ぶことができ,大変有意義な時間を過ごすことができました。

    大会主催の情報交換会では,名古屋城で有名な「おもてなし武将隊」がサプライズで登場し,大いに盛り上がりました。信長様と記念撮影もできて,名古屋ならではの思い出ができました。

    情報交換会会場にて

    学会2日目に行われた小野口研同門会の様子です。今年も多くの方々にご参加いただき,普段お会いすることの少ない社会人院生や研究室関係者の皆さんとの情報交換は,大変実りあるものとなりました。

    同門会にて

    文責:新妻

  • [2016.10.15-19] EANM 2016 in Barcelona
  • 欧州核医学会議(EANM2016, Barcelona, Spain)が,平成28年10月15-19日にバルセロナ国際会議場で開催されました。今年は演題数2201題と6300名以上が参加しました。

    以下はバルセロナでの写真です。

    当研究室から,澁谷助教が「Characteristics of single-and dual-energy images with thallium-201 myocardial IQ-SPECT-CT system」の演題で,IQ-SPECTシステムにおける201TlClの70keVエネルギーピークのみを収集する従来法と,70keVと167keVの2エネルギーピークを用いる手法の減弱および散乱補正による画像への影響を比較・検討しました。また,博士前期課程2年の橋本が「Comparison between each institution using a 2-Layer Double-Pump Dynamic Cardiac Phantom」の演題で,ダブルポンプを有した心筋動態ファントムを用いて,装置間で得られる心機能指標について検討した報告を行いました。

    文責:橋本

  • [2016.10.28] 特許登録
  • 当研究室の小野口教授と博士後期課程3年竹中氏の共同発明した,以下の特許が登録されました。

    特許第5992264号

    登録日 :平成28年8月26日

    発明者 :小野口昌久,竹中賢一

    特許権者:富士フイルムRIファーマ株式会社

    発明名称:画像処理プログラム,記録媒体,画像処理装置,及び画像処理方法

    文責:橋本

  • [2016.09.28] EANM2016演題発表(予定)
  • 10月15~19日に開催される第29回欧州核医学会議(EANM2016, Barcelona, Spain)に本研究室から澁谷助教とM2の橋本さんが以下の演題で発表します。

    • Characteristics of single- and dual-energy images with thallium-201 myocardial IQ-SPECT-CT system (澁谷孝行)
    • Comparison between each institution using a 2-Layer Double-Pump Dynamic Cardiac Phantom(橋本良亮)
  • [2016.09.27] 平成28年度 大学院博士後期課程9月修了生
  • 当研究室の市原氏(写真右)が博士号(保健学)を取得されました。誠におめでとうございます。市原氏の益々のご発展をお祈りしております。

  • [2016.09.14] 業績・論文の更新
  • 業績・論文を更新しました。詳しくはHPの業績をご覧ください。

  • [2016.08.27-28] 第5回金沢核医学技術討論会(STOIC)報告
  • 平成28年8月27日~28日に第5回核医学技術討論会(STOIC)が開催されました。今回のSTOICは学生を含め,2日間で過去最大の26名の方にご参加いただき,演題数も前回のSTOICより増え,13の演題について議論をしました。1演題につき学生は35分,社会人は40分という限られた時間のなかで活発な討論が行われ,今後の研究や,より深い核医学への理解に役立つ有意義な時間でした。また編入生の自己紹介といった,核医学には関係のないラフな演題も用意され,これもSTOICならではだと思います。

    STOIC1日目

    STOIC2日目

    情報交換会の様子

    情報交換会の様子

    初日のSTOICの後に情報交換会が行われました。1次会,2次会ともに多くの方にご参加いただき,社会人の皆様と学生が分け隔てなく情報交換会をエンジョイしました。また,話の種は核医学技術だけではなく,医療従事者としての在り方・心構えなどの深い話もしていただき,将来,臨床の現場で働く私たち学生にとって貴重な時間となりました。

    次回のSTOICは平成29年3月25日(土)~26日(日)を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

    文責:荻原

  • [2016.08.27-28] 第5回STOIC開催のお知らせ
  • 平成28年8月27~28日にかけて第5回STOIC(金沢核医学技術検討会)を開催致します。STOICは核医学に関する基礎および臨床の研究成果を討論し,更なる核医学技術の向上を目的としています。核医学に興味のある方のご参加も大歓迎ですので,ご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

    文責:橋本

  • [2016.07.21] 第2回歓迎会
  • 平成28年7月21日に編入生の荻原君の歓迎会を行いました。卒業研究の実験でご協力くださっている附属病院の小野口研関係者の方々にも参加していただき,研究に関する情報交換など大いに盛り上がっていました。少し遅れた歓迎会でしたが,荻原君と研究室の皆との仲を深める良い機会だったと思います。これからも夏の暑さに負けず過ごしていきましょう。

    荻原君

    次回は,来月開催される第5回STOICの様子をお届けしたいと思います。

    文責:新妻

  • [2016.07.15-16] 第26回日本心臓核医学会総会・学術大会で澁谷助教が第16回若手研究者奨励賞を受賞
  • 第26回日本心臓核医学会総会・学術大会が,平成28年7月15~16日に三重県のアスト津で開催されました。

    助教の澁谷先生が第16回若手研究者奨励賞に応募され(講演名:IQ-SPECTのsmall-heartにおける左室機能評価),優秀賞を受賞されました。誠におめでとうございます。

    (写真は講演,授賞式の様子)

    また,ポスター部門では一般院生の橋本が研究発表を行いました。ポスターでの口述発表は初めてで,発表中の発表者と聴講者との距離が近いことに,驚きと緊張感がありましたが,口述発表とは一味違った刺激を得ることができました。ご質問いただいた内容を今後の研究に繋げていければと思います。

    私は三重県出身であるため,学会会場や懇親会で多くの友人やお世話になった方々と再会することができました。また新たに知り合った方も数多くいらっしゃいました。学会発表は研究発表も大切ですが,そういった出会いも学会の1つの醍醐味ではないでしょうか。

    文責:橋本

  • 研究業績更新
  • 当研究室の小野口教授と共同研究者であります松尾信郎先生(附属病院核医学診療科講師)の論文がそれぞれAnnals of Nuclear Cardiologyに採択されました。

    • Onoguchi M, Konishi T, Shibutani T, Matsuo S, Nakajima K: Technical aspects Image reconstruction. Ann Nucl Cardiol 2016; in press
    • Matsuo S, Mochizuki T, Takeda S, Shibutani T, Onoguchi M, Nakajima K, Okuda K, Takeuchi H, Hayakawa K, Kinuya S: Cardiac time-of-flight PET for evaluating myocardial perfusion with 13N-ammonia: Phantom studies for estimation of defect and heterogeneity. Ann Nucl Cardiol 2016; in press
  • [2016.06.11-15] SNMMI 2016 Annual Meeting in San Diego
  • 米国核医学会が平成28年6月11~15日にサンディエゴで開催されました。本研究室からは,OGも含め6名がポスターによる研究発表を行ないました。また,学会4日目に小野口研究室による情報交換会が催されました。

    澁谷先生(助教)
    Assessment of left ventricular volume in small hearts using IQ-SPECT and conventional SPECT
    原氏(協力研究員)
    Examination of attenuation correction by using an electrocardiographic synchronized time phase method in myocardial scintigraphy
    北氏(博士後期課程2年)
    The relationship between acquisition count and each index for LV function analysis in gated myocardial perfusion SPECT
    中舎氏(博士後期課程2年)
    Comparison between the prone and upright imaging for inferior wall in 201TlCl myocardial perfusion SPECT
    伊東氏(博士前期課程2年)
    Evaluation of noise reduction effect using a non-linear diffusion processing method in the SPECT image
    奥田氏(OG)
    A novel noninvasive method to estimate regional cerebral blood flow using dynamic data alone in 123I-IMP autoradiography

    助教 澁谷先生

    博士後期課程2年 北氏

    博士前期課程2年 伊東氏

    情報交換会の風景

    文責:新妻,橋本

  • [2016.04.28] 卒業研究生・編入生歓迎会
  • 4月28日に当研究室の歓迎会を行いました。歓迎会には当研究室のOB,社会人院生の方々にもご参加いただきました。
    今年度新たに,卒業研究生4名,編入生2名が加わり,賑やかな研究室になりました。

    今回は初の試みでイタリアンのお店を利用しました。1品ごとの料理が本格的で,品数も多く大満足でした。お酒もますます進みます。

    そして,歓迎会の最後には・・・

    小野口先生の誕生日会です。当日まで誕生日会のことは内緒にし,研究室皆でこっそりと準備を進めていました。大変驚かれた様で,喜んでいただけました。大成功!

    2次会,3次会も写真のように大変盛り上がりました。研究のことから,普段話さないプライベートなことまで,話す内容は絶えません。

    編入生の荻原くんが今回の歓迎会に参加できなかったので,暑気払いを含めた第2回歓迎会を予定しています。

    最後に,小野口研究室は,核医学に関する勉強会を日々行っています。秋には学会発表を控え,これから本格的に卒業研究も始まります。大変なこともあると思いますが,たまには息抜きもしつつ,一緒に頑張っていきましょう。

    文責:橋本

  • [2016.3] 平成27年度 大学院修了生,学類卒業生
  • 博士前期課程修了生3名(奥田氏:写真左,多湖氏:写真右2番目,坂野氏:写真右),学類卒業生5名(写真下,左から順に浅井君,黒川君,大森君,福田さん,堀越さん)。誠におめでとうございます。皆様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

    平成27年度博士前期課程3月修了生

    平成27年度学類卒業生

    文責:橋本

  • [2016.3.5-6] 第4回金沢核医学技術検討会(STOIC)
  • 平成28年3月5~6日に,第4回金沢核医学技術検討会(STOIC)が開催されました。

    STOIC一日目

    STOIC二日目

    学生を含め18名の方々にご参加頂き,2日間を通して計11演題の議論を行いました。STOICに初めて参加された2名の方々にもご発表・ご討論頂き,研究の改善あるいは更なる発展の手がかりへと繋がったと思います。私は心臓核医学をメインに研究していますが,狭い視野に囚われない,幅広い分野を取り入れ応用できる研究の必要性を改めて感じました。
    発表演題は,多くが心臓核医学でしたが,中にはセンチネルリンパ節シンチグラフィ,物理工学(デジタルファントム),CTといった分野の発表もあり,非常に多くのことを勉強させて頂きました。特に印象的だったのが菊池先生のDeep learningについての演題です。理解が難しい部分は身近な例などを交えてお話していただき,全くDeep learningについての知識がなかった私にも理解することができました。

    情報交換会の会場にて

    上の写真が情報交換会の会場での写真です。情報交換会での話題は,引き続きSTOICの発表演題に関する内容で,さらに深い議論が行われていました。皆さんの研究(核医学)にかける強い思いが伝わってきました。私もこれまで以上に頑張らなくてはと実感しました。

    店は落ち着いた雰囲気で,料理も美味でした。普段あまり目にすることのない生わかめのしゃぶしゃぶが大好評でした。

    STOICは回数を重ねるごとに新しく参加される方々が増えています。今回,第4回STOICにご参加頂けなかった関係者の皆様,ならびにSTOIC参加をお悩みの皆様,次回の第5回STOICは8月27~28日を予定しています。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

    文責:橋本

  • [2016.3.5-6] 第4回STOIC開催のお知らせ
  • 平成28年3月5~6日にかけて第4回STOIC(金沢核医学技術検討会)を開催致します。STOICは核医学に関する基礎および臨床の研究成果を討論し,更なる核医学技術の向上を目的としています。核医学に興味のある方のご参加も大歓迎ですので,ご参加くださいますようよろしくお願い申し上げます。

    文責:橋本

  • [2016.2.6] 第65回北陸循環器核医学研究会
  • 平成28年2月6日に第65回北陸循環器核医学研究会が開催されました。本研究室からは,助教の澁谷先生と一般院生の橋本が以下の内容で研究発表を行いました。

    「多焦点型コリメータにおけるsmall heartの検証-LEHRコリメータとの比較-」

    澁谷 孝行

    「容積可変型心筋動態ファントムの構築」

    橋本 良亮

    写真はありませんがご了承ください。

    文責:橋本

平成27年度

  • [2015.12.18] 第17回卒業研究発表会
  • 平成27年12月18日に第17回卒業研究発表会が開催されました。

    発表会の様子

    学類生の堀越さん(写真上段左),黒川君(写真上段右),浅井君(写真中段左),福田さん(写真中段右),編入生の大森君(写真下段左)が以下の内容で研究発表を行いました。
    「Small heart例における心筋SPECT収集および画像処理の違いが心室容積に及ぼす影響」
    堀越 冴稀
    「多焦点コリメータを用いたsmall heart例の左室容積の検討-画像再構成条件の至適化と各解析ソフトウェアの比較-」
    黒川 聖悟
    201TlCl心電図同期心筋血流SPECTを用いた位相解析への影響因子」
    浅井 泰貴
    99mTc心筋SPECTにおける肝臓からの散乱線が心筋局所カウントに及ぼす影響-コリメータ間での比較-」
    福田 美月
    「多焦点コリメータを用いた201TlCl心筋SPECTにおける複数光子放出核種の収集法の検討」
    大森 剛

    発表会後に集合写真を撮影しました。小野口先生,澁谷先生や4年生の顔にも安堵の表情がみられました。小野口先生の瞳に涙が見られたのは,皆気付いていました。研究室配属からの1年間を通して,感慨深いものが込み上げてきて流された涙だと思います。

    澁谷先生は大阪出身ということで,4年生は少しでも笑いを取り入れようとバラを1本ずつ「バラバラ」に渡していました。安心してください,ウケていましたよ!(とにかく明るい安村風)。

    卒研発表会後の打ち上げの写真です。少し窮屈なお店でしたが,雰囲気もよく,料理も美味でした。4年生の皆さん,発表お疲れ様でした。

    一次会にて

    卒業研究も終わり,残すは卒業論文と国家試験のみとなりました。研究室では毎日のように,国試勉強する姿が見られます。努力は必ず実を結びます。引き続き頑張りましょう!

    文責:橋本

  • [2015.11.27] 焼肉&鍋パーティ
  • 寒い季節,やはり身体を温めるには内から…ということで,11月27日に研究室で焼肉&鍋パーティを行いました。

    この時期の鍋パーティは毎年恒例となってきました。今回は鶏野菜味噌鍋と豚塩鍋です。少し食材を買いすぎて消費できるか心配でしたが,〆のうどんまで美味しく頂きました。 研究室で皆が集まれる日も残り少なくなってきましたが,またこのような会を開いて思い出を作りましょうね!

    文責:橋本

  • [2015.11.5-7] 第55回日本核医学会学術総会,第35回日本核医学技術学会総会学術大会
  • 平成27年11月5日から7日にかけて第55回日本核医学会学術総会および第35回日本核医学技術学会総会学術大会の合同開催がハイアットリージェンシー東京で開催されました。

    ハイアットリージェンシー東京

    学会開場前にて

    今年のメインテーマは「支え合いともに伸ばす」でした。核医学は臨床医学だけでなく,分子生物学,生理学,生化学,物理工学,情報工学および薬学と深く関係があります。今年は医学のみならず幅広い領域のシンポジウム,招待講演が数多く見受けられました。 本研究室からは学類生の福田さん(写真左上),堀越さん(写真右上),黒川君(写真左下)がIQ-SPECTに関する研究テーマ,社会人院生の多湖氏はPatlak plot法による脳血流の定量化,一般院生の橋本(写真右下)は,フヨー株式会社と一般財団法人住友病院の原氏と共同開発が進んでいる新型の心筋動態ファントムに関する研究報告を行いました。

    学会2日目終了後,毎年恒例の同門会(写真下)を開きました。お忙しい中,多くの方々にご参加いただき,核医学の更なる発展へつながるディスカッションを行いました。今回は,学会不参加の卒業生が小野口先生に会いにくるというサプライズもありました。全国から集まる当学会は,研究発表はもちろん大切ですが,普段お会いすることが少ない方々と情報交換できる絶好の機会でもあり,たくさんの知見を得ることができました。

    学会終了後,スカイツリーとディズニーランドの2組に分かれ,東京観光タイムです。
    スカイツリーは雲の間から差し込む光がとても美しく,この光は薄明光線と呼ばれているそうです。東京タワーから見る景色とは,また違った感動が得られました。

    スカイツリー前にて

    展望台から

    ディズニーランドは園内の至る所がイルミネーションで飾られ,クリスマス仕様となっていました。土曜日だけあって混雑は避けられませんでしたが,乗り物もパレードも最後まで楽しみました。特に抽選で当選した中央鑑賞エリアから見るワンス・アポン・ア・タイムのプロジェクションマッピングは,とても綺麗で,まさに「夢の国」でした。

    クリスマスツリー前にて

    ワンス・アポン・ア・タイム

    勉学と遊びのメリハリはしっかりと。ということで,半日間だけでしたが東京を満喫することができました。
    4年生は来月,卒業研究発表が控えています。これからも頑張っていきましょう。

    文責:橋本

  • [2015.09.19 - 20] 第3回金沢核医学技術検討会(STOIC)
  • 平成27年9月19~20日に,第3回金沢核医学技術検討会(STOIC)が開催されました。2日間を通して計19名の方々にご参加いただきました。前回と同様,1人当たり45分という時間の中で,個々の研究内容について時間をかけじっくりと議論することができました。今回の議論で新たな課題点が見えたと思うので,今後の研究にしっかりと反映させていきましょう。

    STOIC一日目

    発表の様子

    意見交換会にて

    二次会会場にて

    二次会から,はるばる北海道から博士後期課程の高橋氏(写真前列左側)にも参加頂き,最新の脳神経核医学に関する情報や今後の動向なども交え,皆さん夜遅くまで活発に議論されていました。

    STOIC二日目

    第4回金沢核医学技術検討会(STOIC)は2016年3月5~6日に開催予定となっています。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

  • 大学院生(10月入学)のご紹介
  • この10月から当研究室に博士後期課程の2名が新たに加わりました。
    中舍幸司氏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部放射線技術科学科)と蝶野大樹氏(札幌医科大学附属病院放射線部)で,多くの臨床経験をお持ちの社会人院生です。宜しくお願い致します。

    文責:橋本

  • [2015.07.02] 社会人院生との交流会
  • 平成27年7月2日に社会人院生と暑気払いを兼ねた交流会を行いました。普段は社会人としてご活躍されているお二方(写真左隅:斉藤氏,写真右から2人目:伊東氏)ともお話しでき,大変盛り上がりました。

    7月2日は学類生4年の堀越さんの誕生日でもあり,サプライズでケーキとプレゼントが登場です。
    堀越さん曰く,全然気付いていなかったそうなので,ビックリしたとのこと。サプライズ大成功ですね!

    写真はありませんが,二次会はカラオケができるお店に行き,時間を忘れ皆さん熱唱していました。今回の交流会が,これから続く暑さを吹き飛ばす起爆剤になったと思います。この調子で暑い夏を乗り越えていきましょう。

    文責:橋本

  • [2015.06.13] 第96回北陸地方会
  • 第96回日本放射線技術学会北陸地方会が平成27年6月13日に石川県地場産業振興センターにて開催されました。
    当研究室からは一般院生の橋本が,新種藻類を用いた放射能除去に関する発表を行いました。

    発表は緊張しましたが,次に繋がる課題も見え,大変有意義な時間を過ごすことができました。今後の学会発表も控えているので,今回の経験を糧に頑張っていこうと思います。

    文責:橋本

  • [2015.05.25] 合同実験
  • 平成27年5月25日(日)に,金沢大学附属病院にて金沢大学附属病院アイソトープ部,茨城県立医療大学對間研究室および本研究室で合同実験を行いました。

    本研究室では心筋のsmall heartに関するファントム実験,對間研究室ではセンチネルリンパ節に関するファントム実験をそれぞれ行いました。まず,午前中に本研究の実験計画書に沿った説明とディスカッション(写真左上)を行った後,午後から各実験を開始しました。右上の写真はセンチネルリンパ節のファントム実験の様子です。

    実験テーマは異なりましたが,互いに意見を出し合い,真剣に実験に取り組むことができました。実験に協力して下さったアイソトープ部の皆様,有難うございました。

    次回は,日本核医学技術学会北陸地方会(6/13)の様子をお届けしたいと思います。

    文責:橋本

  • [2015.05.14] 歓迎会
  • 平成27年5月14日に当研究室の歓迎会が行われました。今年度新たに,本学医薬保健学研究域保健学系量子診療医療技術学分野に赴任されました澁谷助教,ならびに一般大学院生(博士前期課程)1名,卒業研究生4名が加わりました。お忙しい中,OBの方々にも参加して頂いたことにより,大変貴重なお話を聞くことができました。二次会でも大いに盛り上がっていました。

    一次会会場にて

    文責:橋本

  • [2015.04.16 - 19] 日本放射線技術学会 第71回総会学術大会
  • 平成27年4月16日~19日において,日本放射線技術学会第71回総会学術大会がパシフィコ横浜で開催されました。

    学会初日に一般大学院生M2の坂野さん(写真左)と学類生4年の大森さん(写真右)が,学生選抜セッションおよび一般口述発表を行いました。緊張しましたが,堂々と発表できたと思います。また,質疑応答の際のご指摘を受け止め,今後に活かしていきたいと思います。

    また,4月より新しく博士後期課程2名および博士前期課程3名,卒業研究生4名(学類生4年生)が当研究室に加わりました。メンバーの紹介は次回お伝えしたいと考えています。

    文責:坂野

平成26年度

  • [2015.03] 平成26年度 大学院修了生,学類卒業生
  • 博士後期課程修了生(須田氏:左側,山下氏:右側,写真左上),博士前期課程修了生(舩山氏:左側,北氏:真ん中,小西氏:右側,写真右上),学類卒業生5名(写真左下)。今年度は10名の方々がご卒業されました。誠におめでとうございます。

    文責:坂野

  • [2015.03.14 - 15] 第2回金沢核医学技術検討会(STOIC)
  • 第2回金沢核医学技術検討会(STOIC)が平成27年3月14(土),15日(日)に当保健学類にて開催されました。OB,OGを含め二日間で延べ22名の方々にご参加頂き,個々の研究内容に関して活発な議論がなされました。第2回STOICでは一つの研究内容に対し,じっくりと時間をかけて議論することに主旨を置き,今回は一演題につき45分という時間を設定しました。今後の研究に大いに役立つものとなりました。次回のSTOICでは,今回ご指摘頂いた部分を見直し,更に良い研究内容にbrushupして報告したいと思います。次回第3回STOICは2015年9月19(土),20日(日)を予定しておりますので,奮ってご参加の程,宜しくお願いします。

  • [2015.03.14 - 15] 第2回STOIC開催のお知らせ
  • 昨年の第1回STOIC(金沢核医学技術討論会)に引き続き,平成27年3月14~15日に第2回STOICを開催致します。今回の討論会も前回と同様に,核医学に関する基礎および臨床の研究成果を討論し,更なる核医学技術の向上を目的としています。金沢を中心とした地域で核医学に興味のある方のご参加も大歓迎ですので,お気軽にご参加下さい。

    文責:坂野

  • [2014.12.19] 第16回卒業研究発表会
  • 平成26年12月19日に第16回卒業研究発表会が開催されました。編入生4年生の佐川さん(一段目左),学類生4年生の上原さん(一段目右),植松さん(二段目左),春名さん(二段目右),川村さん(三段目)の順で発表を行いました。

    発表後の集合写真では一段落し,ほっとした表情が伺えます。

    卒業研究発表会会場にて

    下の写真は,発表会後の打ち上げ会の様子です。卒業研究も終わり,いよいよ2月の国家試験に向けてもう一踏ん張り!頑張れ4年生!

    一次会会場にて

    二次会会場にて

    発表を終え,4年生全員に感想を聞きました。その声をお届けします!

    • 佐川さん:あっという間でした。研究で学んだことを大事にしていきたいです。
    • 上原さん:無事に終わってほっとしました!ご協力頂いた方々に感謝しています。
    • 植松さん:卒業研究に打ち込んだ力を今度は国家試験に転換して頑張っていきたいです。ご協力頂いた皆様,ありがとうございました。
    • 春名さん:4月から短い期間ではありましたが,とても濃い時間を過ごすことが出来ました。みなさんに感謝するとともに,今後より頑張っていきたいと思います。
    • 川村さん:発表当日はとても緊張しました。卒業研究での経験を今後に活かしていけるよう4月から頑張ります!

    4年生のみなさん,本当にお疲れ様でした。みなさんの今後に期待しています!

    文責:坂野

  • [2014.11.6] 第54回日本核医学会学術総会,第34回日本核医学技術学会総会学術大会
  • 平成26年11月6日から8日にかけて,第54回日本核医学会学術総会および第34回日本核医学技術学会総会学術大会が大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催されました。

    大阪国際会議場

    学会場前にて

    学会2日目に一般院生(M1)の坂野さん(写真左上),学類生(4年)の植松さん(写真右上),一般院生(M2)の舩山さん(写真左下),学類生(4年)の春名さん(写真右下)の順で発表を行いました。

    さらに,学会3日目には学類生(編入4年)の佐川さんが発表を行いました。質疑応答の際には様々な質問に,皆さん一生懸命応答していましたね。学会での発表も終わり,今後の自分自身の課題もそれぞれ見つけることができました。

    学会2日目の同門会時の写真です。今年は40名近く集まり,二次会も盛り上がりました。発表を聞きにきて下さった方々から,実験方法や発表の仕方についてアドバイスを頂いたので,今後に活かしていきたいと思います。研究の協力など様々な場面でお会いすることがあるかと思いますので,今後ともよろしくお願い致します。

    文責:坂野

  • [2014.10.28] 小野口研究室での鍋パーティ
  • 鍋が恋しい季節となりましたが, 10月28日に小野口研究室にて鍋パーティを開きました。今期最初の研究室内での食事会です。チゲ鍋,鳥鍋など具たくさんで準備段階から楽しむことができました。今回の鍋パーティで研究室メンバーの仲がより一層深まり,次の食事会の献立内容をすでに検討しています。12月の卒業研究発表に向けて精をつけないとね!

    小野口研究室にて

    文責:坂野

  • [2014.9.14] 第1回金沢核医学技術検討会(STOIC)
  • 第1回金沢核医学技術検討会(Study and discussion of NM technology in Kanazawa conference:STOIC )が平成26年9月14日に当保健学類にて開催されました。OB,OGを含め計21名の方々にご参加頂き,個々の研究内容に対して口述発表を通し,活発な議論がなされました。ざっくばらんな会にということで服装も軽装としました。記念すべき第1回目のSTOICは成功裡の終え,個々の発表に対する皆様の討論が今後の研究に役立つものであったと思います。第2回以降のSTOICも楽しみです!(第2回STOICは2015年3月14,15日を予定)

    第1回STOIC会場にて

    第1回STOICのディスカッションの様子

    情報交換会にて

    文責:坂野

  • [2014.09.14] 第1回金沢核医学技術討論会 (STOIC) 開催
  • 小野口研ゼミの定例会の位置づけとして,金沢核医学技術討論会(STOIC)が発足しました。記念すべきキックオフSTOICは平成26年9月14日に開催されることになりました。この検討会の主旨は,核医学に関係する基礎や臨床の研究成果を討論することで核医学技術の向上を目的としています。小野口研究室で研究を行っている学類生,大学院生およびOGで構成していますが,金沢を中心とした地域で核医学に興味のある方の参加も大歓迎です。詳細は,追ってアナウンス致します。奮ってご参加の程,宜しくお願い申し上げます。

    文責:坂野

  • [2014.08.01] 暑気払い
  • 平成26年8月1日に暑気払いを行いました。社会人院生や修了者も参加して下さり,研究のアドバイスや情報交換に熱が入ります。夏の暑さを忘れ大いに盛り上がりました。

    文責:舩山

  • 8月の研究室の様子を少しご紹介します。
  • 附属病院で画像処理を行った実験データに対し,画像および解析の進め方を議論する学類生と先生です。

    学類生と編入生(3年生)が附属病院アイソトープ部の専用画像処理装置で実験データの解析を行っている様子です。とても熱心に取り組んでいます。

    文責:舩山

  • [2014.07.24] ファントム実験
  • 平成26年7月24日と29日に多焦点コリメータ(SMARTZOOMコリメータ)を装備したSPECT/CT装置の共同研究(金沢大学附属病院核医学診療科,アイソトープ部,米国SIEMENS社)のため,当附属病院でTc-99mによる心筋ファントム実験を行いました。協力して下さったスタッフの皆様,本当に有難うございました。

    文責:舩山

  • [2014.6.07-11] SNMMI 2014 Annual Meeting in ST.LOUIS
  • 米国核医学会が平成26年6月7~11日に米国・セントルイスで開催されました。大学院博士前期課程2年生の北さん(写真)は,「Development of the novel acquisition method for removing streak artifact」,舩山さんは,「Optimal processing parameters for thallium-201 myocardial SPECT using multifocal collimators: Their effects on attenuation and scatter corrections」の内容で発表(ポスターセッション)されました。


    (博士前期課程2年生 北 氏 )

  • [2014.06.14] 第92回北陸地方会
  • 日本核医学技術学会の第92回北陸地方会が平成26年6月14日に開催されました。学類生4年の佐川さん(写真左上),大学院博士前期課程2年生の船山さん(写真右上),および博士前期課程1年の坂野さん(写真左下)が順番に発表を行いました。第三者に自らの研究内容を的確に伝える難しさを実感しました。今回の経験を活かして,今後も頑張っていきたいと思います。

  • [2014.04.25] 卒業研究生歓迎会
  • 4月25日に卒業研究生歓迎会を行いました。更に編入生(3年生),一般院生も加わりました。人数も増え,賑やかな研究室になりそうです。このメンバーと一緒に頑張っていきたいと思います。

    文責:坂野

  • [2014.04.10] 日本放射線技術学会 第70回総会学術大会
  • 平成26年4月10日から13日にかけて,日本放射線技術学会 第70回総会学術大会がパシフィコ横浜で開催され,学会1日目に一般院生の舩山さん(写真左)と編入生(写真右)の佐川君が発表を行いました。今後も更に研究を頑張っていきたいと思います。

平成25年度

  • [2014.03] 平成25年度 大学院修了生,学類卒業生
  • 博士後期課程修了生(山本氏,写真左上),博士前期課程修了生4名(花岡氏:後列左,渡邊氏:後列真ん中,澁谷氏:後列右,坪井氏:前列左,写真右上),学類卒業生4名(写真左下)。誠におめでとうございます。

  • [2014.02.01] 第61回北陸循環器核医学研究会
  • 2月1日に第61回北陸循環器核医学研究会が開催され,当研究室から一般院生の舩山さんが発表を行いました。写真がありませんが,ご了承下さい。

  • [2013.12.13] 第15回卒業研究発表会
  • 第15回卒業研究発表会が平成25年12月13日に行われました。学類生の光家さん,竹内さん,高畑さん,村さんが順番に発表を行いました。発表前はとても緊張しましたが,本番では会場からの質問にも的確に答えることができました。



    発表直後の1枚です。卒研には様々な苦労もありましたが,ようやく一段落し晴れやかな表情です。

    卒業研究発表会後には打ち上げを行いました。この良い流れのまま卒業まで頑張って下さいね。

    ※12月の研究室の様子をピックアップ。
    研究室での発表練習の様子です。皆で意見を出し合い真剣に議論中。

    12月生まれの学類生のために他の学類生がサプライズパーティーを企画。忙しい中でも楽しむ心は忘れません。

  • [2013.11.08] 第53回日本核医学会学術総会,第33回日本核医学技術学会総会学術大会
  • 平成25年11月8日から10日にかけて,第53回日本核医学会学術総会および第33回日本核医学技術学会総会学術大会が福岡国際会議場で開催されました。

    学会1日目,一般院生の舩山さんが朝一番に発表を行いました。

    学会2日目,学類生の光家さん(写真左下),高畑さん(写真左上),竹内さんと社会人院生の花岡氏(写真右上,左:竹内さん,右:花岡氏)が発表を行いました。

    発表を終えて皆さんほっとした笑顔です。今後につながる貴重な経験ができました。

    学会2日目の同門会の様子です。普段お会いすることの少ない社会人院生や関係者の方々ともお話することができました。今後もお会いした際にはよろしくお願いします。

    ※学会以外での様子も少しご紹介。
    まず学会の前日には大宰府天満宮にお参りをして発表の成功と国試合格を祈願しました。
    ご利益があったのか全員無事に終わることができましたね。

    1日目のプログラム終了後には福岡タワーから福岡の夜景を楽しみました。

     

    2日目の同門会後には本場の博多ラーメンを皆で頂きました。

  • [2013.10.25] つるまだより2013秋号
  • つるまだより2013秋号(金沢大学つるま後援会・つるま同窓会発行誌)の研究室紹介コーナーにて当研究室博士前期課程1年在籍の舩山さんが紹介されました。

  • [2013.10.11] 博士前期課程9月修了者のお祝い会
  • 9月26日に本大学9月修了者の学位授与式がありました。本研究室からは博士前期課程の中西氏が修士号を授与され,10月11日にそのお祝い会を行いました。社会人院生の在籍者もお祝いに駆けつけて下さいました。
  • [2013.09] 平成25年度 大学院修了生
  • 博士前期課程9月修了生1名(写真右:中西氏)。誠におめでとうございます。
  • [2013.09.24] 島根大学医学部との共同研究
  • 9月24日から26日にかけてCZT半導体検出器を搭載した心臓用SPECTについての共同研究のため,島根大学病院でファントム実験を行いました。

    最終日には出雲大社へ観光に行ってきました。遷宮が行われる年ということもあり,平日ですが大変な人出でした。

  • [2013.06.29] 第23回日本心臓核医学会学会賞受賞
  • 6月28・29日に第23回日本心臓核医学会学会が東京で開催され,当研究室の小野口教授が学会賞(技術部門)を受賞されました。誠におめでとうございます。写真は受賞講演の様子です。
  • [2013.06.15] 北陸地方会の学生発表
  • 6月15日に第89回日本核医学技術学会北陸地方会が開催され,当研究室から一般院生と学類生の2名が発表を行いました(写真左:舩山さん,右:村さん)。お疲れ様でした。
  • [2013.05.09] つるまだより2013春号
  • 平成25年3月に当研究室を卒業された山本千代さんが「つるまだより 2013春号」(金沢大学つるま後援会・つるま同窓会発行誌)に,卒業研究論文発表会に関するコメントが掲載されました。卒業研究で得た,研究の苦労,面白さや人との出会いを医療人として今後に活かしてもらえればと思います。

  • [2013.04.16] 卒業研究生歓迎会
  • 4月16日に卒業研究生歓迎会を行いました。また,一般院生の誕生日のお祝いも兼ねました(分かりにくいですがテーブル上にバ-スデイケーキ)。今年は編入生(3年生)も加わりました。これから一緒に頑張っていきましょう。

  • [2013.04.13] 平成24年度日本放射線技術学会技術奨励賞(核医学部門)受賞
  • 4月11-14日に第69回日本放射線技術学会が横浜で開催され,当研究室博士前期課程2年 坪井孝達氏の学術論文「心電図同期心筋SPECTと心臓MRIから算出される心機能解析値の評価」が平成24年度日本放射線技術学会技術奨励賞(核医学部門)に選ばれ,表彰されました。昨年度に引き続き,本研究室から受賞者です。おめでとうございます。

     

平成24年度

  • [2013.03] 平成24年度 大学院修了生,学類卒業生
  • 博士後期課程修了生(菊池氏:9月修了,写真左上),博士前期課程修了生2名(澤田氏:左,鷺池氏:右,写真右上),学類卒業生4名(写真左下)。誠におめでとうございます。

  • [2012.12.14] 第14回卒業研究発表会
  • 第14回卒業研究発表会が平成24年12月14日に行われました。全員が堂々と発表していました。

    卒業研究発表会の後に打ち上げを行いました。皆さん,お疲れ様です。

    文責:舩山

  • [2012.11.08] 第52回日本核医学会総会, 第32回日本核医学技術学会総会
  • 平成24年10月11日-13日に,第52回日本核医学会総会および第32回日本核医学技術学会総会がロイトン札幌で開催された。

    今年は学会が就職試験と重なり,院生や学類生(B4)全員が来れなくて残念。

    学会2日目の舟林さん(B4)の発表です。緊張しましたが,なんとか乗り切りました。

    学会3日目朝8時10分からの上林くん(B4)の発表です。卒研発表では,質問の受け答えをしっかりできるようにしたいと思います。

    学会2日目の小野口研究室同門会の様子です。多数参加し盛り上がりましたね。

    白い恋人パークに行ってきました。1枚タダでもらえます。

  • [2012.10.05] 論文が学術誌に掲載されました
  • この9月に大学院博士後期課程を修了された菊池明泰氏の学位論文が学術誌Nuclear Medicine Communications(33(9):947-953)に掲載され,その研究の一部が表紙に引用されました。

  • 2012.10.05
  • [2012.06.23] 日本心臓核医学学会
  • 平成24年6月22-23日に金沢市文化ホールにおいて 日本心臓核医学学会が開催され,小野口研究室では本学会の実行委員として運営に携わるとともに,学類4年生 および大学院生が発表を行った。

  • [2012.04.14] 平成23年度日本放射線技術学会技術奨励賞(核医学部門)受賞
  • 4月12-15日に第68回日本放射線技術学会が横浜で開催され,当研究室博士後期課程2年 山本泰司氏の学術論文「123I-IMP Graph Plot法検査時間短縮プロトコールの検討」が平成23年度日本放射線技術学会技術奨励賞(核医学部門)に選ばれ,表彰されました。おめでとうございます。アップが遅れてしまい申し訳ありませんでした。